TUSKは、六本木ヒルズの中でも、最も画期に満ちた一角、ウェストウォークの一階に位置し、セントラルニューヨークやロンドン、シドニーなどを彷彿とさせるシックで洗練されたスタイル、しかし不思議な事に東京には未だ不足する「何か」を演出しています。

10メートルのロングカウンター、希少なウォッカやジン、豊富な種類のボトルがずらりと並んだアップボトルバーが印象的なバー右側には、DJスペースとVIPエリアがあり、最先端のサウンドシステムとアーティスト小澤雅志氏 による2枚の大型絵画が出迎えてくれます。

空間と雰囲気に調和したお食事やドリンクにも、きっとご満足いただけることでしょう。​